他人の人生

きわめて個人的なこと

不健康な午前四時

寒さが心を侵食してゆく。さっきの会話を思い出してる。ブルーライトで瞳が盛れてる。焚き火の音で暖をとってる。ゴミ箱に入った過去。死んでなんぼの感情のかたまり。母が使っていた国語辞典、「残滓」の部分に蛍光ペンで印がついていた。下心なく、生きて…

HUG

Amazonがコルトー版ショパンのエチュード集やパデレフスキ編ショパンバラード集をおすすめしてくるのは、きっと数年前にコルトー版ショパンバラード集を購入したからで、何故それを買ったかというと、数年前のクリスマスに当時付き合っていた人にプレゼント…

だいすきだったよ

同級生がインスタのストーリーズにあげていた飼い犬の動画をひたすら見ていた。全力で転がっていくいのち。愛を受けるのが当たり前だと認識しているわけではないけれど、全てを預けて愛を受けられるほどには愛されているいのち。愛おしい。 だいすきだったよ…

よしなしごと

「食む」という言葉が好きだ。はむ。神社の砂利を踏みしめながら、なぜ人は新年に詣でるのだろうかと不思議に思った。150円の賽銭でありえないくらい欲張りに願った私を許して欲しい。考えてみると一人での初詣は人生で初めてだ。あまりに自然で、あまりに尊…

年末の戯言

もう嫌、何もしたくない、何も考えたくない、の波が数日前に一気に来て、ずるずると引きずっている。心が晴れない。全てをシャットアウトしたくてイヤホンを雑に両耳にねじり刺して、ありえないほど音量を上げてみる。全部捨ててどこかに消えてしまいたいけ…

2022 メモ

・本当に忘れてしまうって、忘れてしまったことにすら気付かないってことだ ・呼び捨てをされて心が冷えて、やっと私はこの人に束ねられたくないのだと知る ・部屋に洗濯物を干したら、家に帰った時部屋中が柔軟剤の香りで幸せになるライフハック ・大っ嫌い…

近況 11/23〜30

1130 寒い。冬が急に本気出してきた。部屋の中にいるのに唇が真っ青で、ワイシャツにアイロンをかけながら暖をとった。湯船に浸かるのがいちばんだろうなと思いながら手っ取り早くシャワーを浴びて、こういうちょっとした手間をかけられない自分の性格を恥じ…

同じ月を見ている

ねえ、実は今日も月が綺麗だよ。 昨日はきっとたくさんの人が空を見上げたのだろう。SNSにも月の写真がずらっと並んでいて、ああ皆既月食なんだと知った。一階の部屋の隅から眺めたまるい月。おつきさま。おひさま。おてんとさま。神様。私たちは、空の上に…

1031

帰り道、運転しながら、もうやだな、と思った。もうやだな、シンプルに、もうやだ。私の人生は平坦で生ぬるい人生かもしれないけれど、それでも歩くのに疲れてしまう時はある。ああ、他人の道を歩きたい、と思った。近所のアパートの前で、痩せた野良猫が一…

推しを推すということ

推しができやすい体質だと思う。多方面に興味を持ったり自分から情報を得たりするタイプでないので入口が少ないだけで、一度ハマればだいぶズブズブする自覚はある。そして飽きやすい。次の興味の対象が見つかる、もしくは死ぬほど忙しくなったり他のことに…

夢を叶えたあなたへ

人の声をきいて涙がでることが今もあります。私の大抵の感動は耳から始まります。耳と心はたぶんとても近くにあります。 夢を叶えたあなたへ。おめでとうございます。早く私もそっちに行きたいです。 夢を叶える人と、夢を叶えない人がいます。夢を叶える人…

ちゃんとしてる荒れた生活

9月になった。8月のことが何も思い出せなくて、手帳やシフトを見返して、なんとなくこんな感じだったな〜と8月の大枠をなぞる。 ずぼらだ。荒れた生活をしている。人から見えるところはちゃんとするようにしているけれど、自分しか見えないところはとても雑…

吐き出すだけ

夏の空気に少しだけ秋が混ざるようになった。油断していると気持ちが秋に持っていかれて危ない。秋は、揺らぎに揺らぐ。正気を保つのが最も難しい季節だと思う。 「誰かの何かになりたい」という欲を捨てられずに四半世紀以上を生きてきた。「誰かの何かにな…

雑記

突然ふっと浮かび上がる感情は、どこから来ているのだろう。 突然ふっと浮かび上がる感情は、わたしのものなのだろうか。 突然ふっと浮かび上がる感情は、果たして本物の感情なのか。 今日、仕事中、本当に日常の何気ないワンシーンのその一瞬で、ふと「生き…

【かしこ】について※支離滅裂

いつだか忘れたけれど、クイズノックとフワちゃんがコラボしている動画の中で、フワちゃんが「あたし【かしこ(賢い人)】がこの世でいちばんすき!!!」って言っていた。たまに、何の脈絡もない生活の一場面でこの一言を思い出す。 考えてみれば、私も【かし…

嫌われたくない、でも、好かれるのってとてもこわい。 頑張りたい、でも、天井を自分で決めつけてしまっている。 話し相手が欲しい、でも、ひとりで生活すること以外を考えられない。 強くありたい、でも、強くなりすぎたくない。 生理痛が酷いとき、運が悪…

あなた

私はつくづく欲張りで、自分にないものばかりを欲しがる日々を繰り返してきて、「羨ましい」と「憧れ」をガソリンに体と心を動かして、何の解決にもならない雑文を書いて、そういう生活に結構満足してしまっていた。それでもたまにふっと立ち止まって胸に手…

祖父と五十万円

結婚したい、というよりも、結婚式をしたい、というよりも、ウエディングドレスを着た姿を祖父に見せたいだけだった。祖父が元気で生きているうちに結婚式を挙げたかった。相手もいなかったくせに。もう祖父はいない。私の邪な結婚、いや、結婚式への願望は…

オラに元気を分けてくれ

声に出してもどうしようもないことばかりだけど、誰かと喋りたいと思う。数日前に内示(?)が出て、とにかく不安でたまらない。 社会人五年目が終わろうとしている。この会社に入って、長崎、熊本、鹿児島と南へ移動してきた。自分で言うのもアレだけど、仕事…

今夜でっかい車にぶつかって

なまぬるい春の風が吹いていて、なんとなく気が滅入る一日だった。夜は酷く雨が降っていた。弱い春の嵐。気づいたら三月ももう半ば。 ベッドに仰向けになって、サニーデイ・サービスの「春の風」を流す。【今夜でっかい車にぶつかって死んじゃおうかな】って…

キッチン

狭いキッチンの隅っこで、ヤンキー座りしてブログを書いている。IHコンロがヒューヒュー、フライパンがぐつぐつ音を立てている。鶏そぼろを煮ている。チューブの生姜をこれでもかというくらい絞って入れた。 鶏そぼろが食べたかったわけではない。晩ご飯には…

ナンについて

もう何年も前、当時の恋人と付き合い始めた頃、ドライブ中に質問大会をした。質問大会と言っても、「好きな食べ物は?」「きのこ派?たけのこ派?」「真っ暗でも眠れる?小さいあかりが必要?」のような簡単な質問をするだけの、要するに「相手のことをより…

何もない自分を愛したい

自分から良い香りがする。and andのシャンプーの甘い香り。少し甘すぎるくらいに甘いけれど、そのくらいがちょうど良い。 昨年の秋から年末にかけて、怒涛の勢いで日々が過ぎ、何に流されているのか何に追われているのかも分からないくらい精一杯の毎日だっ…

2022

今年の私へ。 2022年が始まりました。今年も私のお世話をよろしくね。今年はきっと変化と挑戦の一年になります。不安なことも、考え込んでしまって眠れない夜も、既にたくさんあります。でも、思い詰めるのも一人で抱えるのも良くないことは知っているよね。…

私の矛盾について

とてもせっかちで物事をぱっぱっと進めたい派なのに、人と普通に打ち解けるまでに通常の倍はかかる。 一目惚れして恋におちたりしてみたいのに、その人を知ってから数年たたないと恋みたいな感情は生まれない。 人に指示されたり命令で動いたりするのは嫌い…

あたまでっかち あなたせっかち

思うところが多過ぎて、考えることがありすぎて、思考回路が壊れた。自分のためにやりたいことが沢山あるはずなのに、ひとつひとつの作業の途中で色々が舞い込んできてその度に手を止めて、を繰り返して結果自分のことはなにひとつ解決していない。 愛用のス…

自省

依存の上手な人は依存先が多い、と何の本に書いてあったか忘れてしまった。それと似たもので、人間関係が狭いと角が鋭くなってしまう、人間関係を広げてバランスを広げよう、みたいなニュアンスの言葉も何かで読んだ。三人だと三角だからぶつかった時に痛い…

生きている感想

先月の件があったので雨がとてもこわい。ずっと雷が平気な振りをしてきて、雷に怯える友人を安心させる側の人間として過ごしてきたので、今更じつは私も雷がこわいですと言えない謎の意地がある。最近は色々と考えることもあるけど諦めに似た何かがずっとあ…

but then

眠れないのは自分のせいじゃないと思う。でも、他人のせいでもない。眠れないという事実があるだけで、ただ、それだけだ。もう8時を過ぎてしまった。 星野源のオールナイトニッポンをひたすら聴いていた。ラジオってこんなに笑えて楽しくて気分が晴れるんだ…

いちばん届けたい相手には読ませたくない

はてぶろに書こうと思ってたものを間違えてnoteに出してしまった。はてぶろとnoteを明確に使い分けているわけではないけれど、何となく自分の中でのラインがある。 文を書く時、大抵自分に向けて書いている。でもたまに誰かひとりに向けて書くこともある。そ…