他人の人生

きわめて個人的なこと

イン ザ ロング ラン

十年以上前、左親指の付け根を骨折した。嘘みたいだけど、今でもたまに痛む。一度折れた骨が簡単にくっつくのは事実だけれど、一度折れた骨は戻らないことも事実だ。痛みはいとも簡単に戻る。一度傷付けば、何度でも痛む。それでも、痛まなければそれを忘れることもある。非情で気まぐれで痛くて歯痒くて少し愉快で、骨折なんて、人生みたいだ。

漢字の勉強を始めて12日経った。ほぼ毎日机に向かって、ひたすら漢字を書いている。初めの数日は、知っているはずなのに何故か書けない、出てこない、の繰り返しでやや落ち込むこともあったけれど、今はそれなりに掴んできている。当たり前のことかもしれないが、勉強はやればやるほど成果が出るのだ。そんな簡単なことを学び直した。もうこうなったら漢検を受けるという到達地点を定めていこうかな。楽しくなってきちゃった。

勉強に、飢えている。別に、何でも良かったのだと思う。漢字じゃなくても、何でも。たまたま本棚にあったのが漢字の問題集だったのだ。それだけ。それでも、学んで何かを得るということは喜びだ。物知りになりたい、というよりも、知らない世界をもっとたくさん見てみたい。

あれだけ学ぶ時間を与えられていた学生時代には勉強から逃げ続けていたのに、今、学ぶ意欲がもくもくとわいて出た。そして、今更気付く。時間って、本当に有限なんだな、って。あほらし。でも、こういうことを身をもって知った経験は、私を幾分大人にしたと思う。そうであってほしい。

7月後半は、漢字と並行して英語の勉強も再開しようとしている。あと、現在3日に一回のペースでやっている筋トレを、2日に一回に増やしたい。そう、いきなり「毎日」なんて目標をたてても私は続かないんだ。だから、目標も刻んでいく。

昨晩は、適職診断をしている途中で寝落ちしていた。未来のことを考えるとワクワクが半分、絶望が半分。何もない、自分。エクセルの基本すらあやしい自分。資格をほとんど持っていない自分。手についていない言語や技術。焦りは日に日につのって、その焦りから逃げるように雑な腹筋をするなどしている。腹筋もどこに効いているかを考えながらやらないと、効果は半減だ。中途半端×中途半端で、やらない方がまし、になる。

インザロングラン、私は能動的に長い目で見るのが苦手。コツコツ努力できる人だと言われたことはあるけれど、それは先を見通して努力していたのではなく、目の前のことをひたすらやっていただけ。結果的にコツコツ努力したおかげで目標を達成できた、みたいに見えているだけ。

私は何がしたいのだろう。この先のことを真剣に考えようとすると親知らずが痛む。そう言えば、学生時代、私の親知らずは、熱心に勉強に打ち込む試験期間中によく痛んだ。普段どれだけ真剣に勉強していなかったのか。試験期間になると突然鬼のように勉強し始めるから、親知らずもびっくりだったろう。

インザロングラン。先のこと、今は考えられなくても、せめて目の前のことは一つずつやっていこう。というか、私にできることってそれくらいしかないんだ。運命はあまり信じていないけれど、さだめや運、生まれ落ちたほしにまつわる向き不向きなどはあると思う。良くも悪くも、私は嘘がつけない。そのやり方じゃビジネスにならないよ、は、いらない。ビジネスにならないよ、は、私が一番にわかっているのだ。

ああ今日もよくわからない文を生み出してしまったなあ。こんなくそ日記をネットに泳がせていること自体が、もうバグってんだよな。今日も楽しかった。生きるって寂しくって愉快だなあ。