他人の人生

きわめて個人的なこと

前言撤回、私はそんなに強くなれないや。

ずっと自分は強い人間だと思ってきた。自分の足で立って自分の足で歩いていける人間だと思ってきた。何かが起これば自分で判断して選んできたつもりだった。でもそれは偶然私が「強くいられた」だけで、ただそれだけのことだった。強い偉いと言われ続けて、それを演じてきただけだった。

髪が短かった頃はたくさんイメチェンをしたかったけれど、髪がのびてからはこの安定と変わり映えのなさが良いなと思えている。とんだ気分屋だ。あんなに変化を望んでいたのに今は変化が怖いと思う。外に出たくて出たくて仕方ない性格だったのに、今では海外を一人歩いていた去年の自分をありえないなと思う。

こんな生き方してきたから、いざという時に頼れる人が近くにいない。捨てるのが楽しいと思ってきたから、ほとんど何も残っていない。自分を過信しすぎていたから、皆、私のことを強いやつだと思っている。でっかい基盤が欲しい。魂がうろついてしまう夜を補強してくれる基盤が。夜中にこんなメンヘラ日記書いてしまうのを止めさせてくれる基盤が。要するにやってられないんだ。何もかも。すぐそこまで見えている、誰かに敷かれたレールと、次のマスがもう数步先にある。でも私はもう誰にも決められたくない。こんなに頑張っても、もう誰のためなのか分からない。誰かのためっていう人の顔がちゃんと見えないと頑張れない。誰かの何かになっているって思えないと生きてけない。この生活から逃げたくて、もう頑張りたくなくて、休んでいいよって言われたくて、ずっとずっと走り続けてきて、ブレーキきかなくなった。自分のどこにブレーキが搭載されているのかも分からなくなった。やってらんない。まじで一人ぼっちみたいな夜だな〜って思いながら明るくなるのを待つしかないね。確実な約束を作らなきゃ生き抜くのも難しいね。いつか会おうね、今度遊ぼうね、じゃなくて、ちゃんと現実で約束をしなきゃ。そしてこうやって夜中にベラベラ書くから良くないね。大体夜中ってもんはどうでもいいことしか言わないんだから、もうこの悪循環やめる。しばらくおやすみ。