他人の人生

きわめて個人的なこと

よしなしごと

よしなしごと。浮かんでは消えていくあれこれ。

夜が明けた。カラスがけたたましく鳴いてる。

眠れないのはいつものこと。今日って土曜日らしいね。

ここ数日アマプラでずっと韓国ドラマ観てたら、日常生活で聞こえる会話が韓国語に聞こえてきた。

異性を紹介されてしまった。今までこんなことなかったから、これからどうして良いか分からない。合コンも街コンもマッチングアプリもやったことなくて、そんな人間がこんなことになるなんて甚だおかしい。

かと言ってばちばちの恋愛結婚を望んでいるわけでもないし、運命とか奇跡とかそういうのは全く信じていない。ただ、互いにほどほどに大切にしあえる相手と一緒に、安全な場所にいたいだけ。星が綺麗な夜にみてみて!!!って言いたいだけ。疲れた時におつかれ!!って言われたいだけ。寒い日にココアを淹れてあげたいだけ。それだけ。でも、たったそれだけがテストで100点取るより難しくなる、それがアラサーというもんよ。

こんなに停滞しているように見えて、ちゃんと世の中は進んでいるから驚きだ。自分はなんにも変わってない。その場にいるだけ。進みも戻りもしていない。最近やたらと出会う人と、何となく疎遠になってしまった人。時が進むというのは、人間関係が変わっていくということだ。

丸いフライパンで綺麗な卵焼きを焼けるようになった。「けらんまり」去年の今ごろ覚えた韓国語、卵焼きっていう意味。去年の今ごろはとても進んでいた。猛スピードで進んで自分がどこにいるか分からなくなってた。バグってた。今はもうあんなことできない。ずっとハイだった。寝ても覚めても興奮の中にいて、進むしか選択肢がなかった。毎日泣いたり笑ったり怒ったり、パワーをフルで使い尽くしていて、きっと今はその返済をしてるんだと思う。一年越しで休んでる。

私は計算高いから、メリットがないことはやりたくない。それが挑戦だろうと、自分が潰れると完全に分かっていることに対して一歩踏み出そうとは思えない。今の自分を守れるのは自分しかいないから、全部捨てて飛び込もうと思えない。こわい。正直ビビってる。これから先こうやってビビって尻込みしてしまうことが増えていくんだろうなと思って、それに嫌気がさしてしまう。

もう、自分にあまり期待はしていない。自分の身の丈は理解しているつもりだし、大きな希望も持っていない。でも、期待はしていないけど見捨てたくはない。マスクを外した時の顔のことを言われたくない。自分の鼻と口と歯並び、昔から大嫌い。でも誰だって大嫌いな自分と一緒に生きてるんでしょ?

深夜のコインランドリー通いをやめた。夜中に出歩くの危ないよって言ってくれた人がいて、何故かそれがすんなり心に染み込んでしまった。咎めるとかではなく、心配から出た「当たり前の助言」って感じでなんかとても良かったから、素直に従おうと思えた。男も女もないところで大切にしてもらえるのに弱い。

将来が楽しみになったり絶望的になったり、そんなアップダウンを繰り返しながら生きている途中。夜更かし友達がどんどん減ってきている気がして、しかるべきところまで来ているのだと感じている。やっぱり「人」という字、みたいに支え合える、隣にいられるパートナーが欲しい、と思う。自分にそれが向いているかどうかはさておき。あまりにもそういうのが苦手だから、就活みたいに分析と研究から始めようと思って、「好きなタイプ・好きになりがちなタイプの人」と「一緒にいたい・付き合いたいタイプの人」の特徴を書き出してみることにした。そしたら何となくうまくいかん理由が分かってきた。「好き」と「付き合いたい」がイコールじゃないのだ。あと、相手と自分の方向性が乖離している気がする。知らんけど。

よく分からんことばかり書いてしまった。朝になったので寝る。