他人の人生

きわめて個人的なこと

日記

このブログは、まとまらない気持ちを書くのに便利だ。

ここ数日間ずっと5ミリくらい地面から足が浮いていて気持ち悪かった。無になりたいためだけにジムに行って走りたくてうずうずしていたけれど、ジムで走っても何ら心は変わらなかった。でも数ヶ月振りに会った家族には痩せたと言われた。重さは変わらずとも見た目が変わっていると言うことだろうか。遺影に手を合わせたら少しだけ気持ちが静かになった。

強みが欲しい。自分には何もないなといつでも思う。何もない割に欲張りで、理想だけが一人歩きしている。もっと勉強しておけばよかった。シャクシャインって何をした人?教養というワードを見るたび痛い。まずは自分自身の無知を知らなければならない。

どうしてそんなに優しくしてくれるんですかとメンヘラみたいなこと言いそうになった。言わなくて良かった。危なかった。どうでもいい時にはよくある「モテるテッパン仕草」みたいなのテキトーにやれちゃうのに、本当にモテたい時には「あざっす!センパイ自分もっといけます!!」みたいなキャラになってしまう。最悪だ。

最近は夜、よく空を見ている。秋の夜の空は澄んでいて綺麗。私からしたら確実に一等星だなと思う星を見つけたけれど実際はどうなんだろう。一等星って言ってあの人に通じるかな?合唱で歌った「札幌の空」はどうだろう?「ぴえん」は、多分通じない。人と会わないうちにどんどん近かった人が遠くなるだけでなく、私自身が私の他人になっていくような、そんな感覚に陥る。自分だけがいつも心許無い。去年のことも明日のことも同じに思える。今日笑ったことだけを覚えていたい。忘れたくないことだけを書き記しておきたい。自分の責任で選んだことを自分の中できちんと消化したい。

どこにも行きたくなくて、どこにも戻る適切な場所が見当たらなくて無駄なまわりみちばかりして、それなのに結局日付がかわる前に家に帰りついてしまった。日曜日が終わって、私の足は地面についた。浮いていた5ミリは力尽くで元に戻した。ネットの世界の人だと思っていた人がちゃんとこの世に実在するんだなと妙に感心してしまう出来事があった。不思議な世の中だなとつくづく思う。