他人の人生

きわめて個人的なこと

オラに元気を分けてくれ

 声に出してもどうしようもないことばかりだけど、誰かと喋りたいと思う。数日前に内示(?)が出て、とにかく不安でたまらない。

 社会人五年目が終わろうとしている。この会社に入って、長崎、熊本、鹿児島と南へ移動してきた。自分で言うのもアレだけど、仕事はとにかく頑張ってきた。どちらかというと認められるまでに時間がかかったし遅咲きタイプだったような気もするけれど、着実にできることを増やして居場所をつくってきた、と、思う。

 良く言えば「この仕事に向いている」「ここにとって必要な存在になっている」、逆に言えば「使い勝手のよい駒」「都合の良い歯車」って感じかな。それでも私はこれが私の強みであり良さだと認めざるをえない。私はこういう人間なのだ。27年間生きてきて、もう大体わかる、自分の特長なんて。

 仕事中心で五年間生きてきた。そのために失ったものも、少ないけれどある。それくらい頑張ったんだから、時には色々を投げ出して仕事を優先させてきたのだから、このくらい評価されて当たり前だよなともぶっちゃけ思う。そして、ステップアップする時期が来たなとも思う。自分の望んだタイミングで自分の望んだ役割を持たせてもらえて幸せだと思う。正当に評価してもらえていると実感している。今の状況に甘えずもっともっと頑張りたいと思う。でも、こわい。このまま頑張ったところで何になるのだろうと思う。まわりはどんどん結婚して出産して仕事をやめたり社員からパートに変えたり、仕事をセーブして家族の時間を増やしたりしている中で、私は馬鹿みたいに仕事ばかりをしていて良いのだろうか。

 まだ27だ、と思う。同時に、もう27だ、とも思う。仕事はまだまだもっともっとやりたい。実力をつけたいし経験をしたい。27なんてまだまだで、これからきっと今よりもっと大きな仕事を任されたり場数を踏んでうまく仕事をこなせるようになったりするのだろうと思うと希望がある。でも、結婚や出産のことを考えると、もう27だ、と絶望的になる。

 以前仕事で評価された時に嬉しくて当時の恋人に話したら、想像以上に沈んだ声が返ってきて、ああ一緒に喜んでくれないんだ、ってショックだったことがある。私は仕事ばかりを追いかけていたから相手はあまり良い顔をしてくれなくて、それで結局は数ヶ月後に関係も終わった。あの時に強く感じた、仕事を頑張り過ぎていると他を無くしてしまうのかもしれない、という気持ちが忘れられない。仕事を頑張って頑張って頑張って、それで十年後、私はどこにいる?一人でいる?なにしてる?まわりに大切な人はいる?友達とは疎遠になってない?そんなことを考えると弱気になってしまうのです。

 環境が変わる前のただの憂鬱でありますように。私はきっと、置かれた場所でそれなりに咲くのです。今までもそうだったから、そうなのです。だから、オラに元気を分けてくれ。弱気な私に、グダグダ考えずに目の前のことを精一杯やれ!と言って背中を押してくれ。大丈夫だよって、その一言が欲しいだけなんです。