他人の人生

きわめて個人的なこと

芋は芋でも

美しくなりたいと思った。理想の外見にはなれずとも、せめて少しでも自分が納得できる外見に近づくことができればと思った。

ずっとずっとずっと、それはもうずっと前から私はルッキズムに囚われていて、染みついた思考は簡単には変えることができない。私は、可愛くなりたかった。ふわふわの儚い守りたくなるような外見になりたかった。しなやかで細い手足が欲しかった。身長があと10センチ高ければ良かったなと思うし、鼻筋が綺麗に通っていれば良かったなと思うし、爪が細長ければよかったなと思う。背を伸ばすために鉄棒やうんていにぶら下がったし、鼻を高くするために洗濯ばさみで鼻を挟んで寝たし、爪が細くなる方法を調べて爪のマッサージもした。足痩せマッサージも、二の腕体操も、O脚改善運動も試した。

 

人には向き不向きがある。私は芋だ。街を歩くと素敵な人がたくさんいる。綺麗な二重の人、腰の位置が高くてお洒落なパンツを履きこなしている人、栗色のゆるふわパーマの艶々の髪、毛穴ひとつ見当たらない細くて白い腕。美しい人々の中を、芋な私はすり抜けて歩いていく。私には、美しさというゴールまでの成功体験が無さすぎる。何をどうしても芋なのだ。しっかりメイクができたと喜んだのも束の間、一歩家から出てみると途端に輝きを失う。ショーウィンドウに映った自分が自分過ぎて泣ける。ああ、私も「見栄えよく」なりたい、そう思う。ずっと思っている。正解もゴールも分からないのに、私はこんな馬鹿げた思想にとらわれている。答えなんて出ない。

 

知り合いにすすめられてとあるアイドルの存在を知り、どんどんハマっていく自分がいる。アイドルはとても美しい。自分のなりたい形があって、そこに近づく努力をするストイックさが垣間見える人が好きだ。あと、これはどうしようもないことかもしれないけれど、育ちの良さというか、上品さが垣間見える人も好き。自分の望む外見になれなくても、所作や立ち居振る舞いで美しさを表現できるようになれたらなとアイドルを見ていると思う。

 

私は、綺麗なものが好きだ。美しい人が好きだし、自分もそうなりたいと思う。でも、それが一番大事な価値観でないことも分かる。世の中には大切なものなんてたくさんあるから、私のようにルッキズムにとらわれていては他の大切なものを逃してしまうかもしれない。それでも、それでも私は自分の外見を綺麗に美しくしたいと思う。なんだか垢抜けない芋だと分かっていても、努力だけではどうしようもないことも多いと知っていても、自分が努力が苦手な人間だとももう分かっていても。

 

少しでも、自分を肯定できるようになりたい。私が自分の外見に対して自信が持てないのは、自分の外見に対して「それなりの努力」をしていないからだと思う。そういえば、私が自信を持って自分を肯定できることは、私がちゃんと自分で「頑張った」と思えることだ。それならば、私はまだまだ外見に対しての頑張りが足りないのだ。

 

なんだか野暮ったい、田舎っぽい、垢抜けない。少しでも洗練された大人になるにはどうしたら良いのだろう。芋は芋でも、今年の秋は、焼き芋ブリュレフラペチーノに使われるような甘いさつまいもを目指す🍠今夜も支離滅裂で無茶苦茶な文を放り出してしまって、ああこういう内面のぐちゃぐちゃなところが外にも出てきてしまうのだろうなと考えるなどしている。