他人の人生

きわめて個人的なこと

不健康な午前四時

寒さが心を侵食してゆく。さっきの会話を思い出してる。ブルーライトで瞳が盛れてる。焚き火の音で暖をとってる。ゴミ箱に入った過去。死んでなんぼの感情のかたまり。母が使っていた国語辞典、「残滓」の部分に蛍光ペンで印がついていた。下心なく、生きているだけで人の心を動かす人がいるよなあ。新しいシャンプーも柔軟剤も決められない。どんな歌に囲まれてどんな本が好きでどんな風に叱られて育ってきたのか教えて。切った爪がパチンパチンと音を立てて飛び散る時、やっと自由になれんだねと労ってみる。育ちの良いチャラい人なんて世の中アンフェア過ぎる。ナチュラルに舌を巻く君の素を見た気がした。眠っても眠れなくても今日が終わって明日が始まる。時間は変わらず過ぎてゆくから絶望的で安心だね。この約一ヶ月間、毎日眠る前に正気ではない非人道的な呪いに近い祈りを捧げていて、三日前にとうとう叶ってしまった。いつかツケが回ってくる。ギリギリセーフとギリギリアウトを繰り返しながら騙し騙しやってきたけれど本当はもうこんな場所降りたくて生きる場所を変えたくて「何もしない」時間を手に入れたくて立ち止まって考える余裕が欲しい。感覚で正解を出せるのが羨ましい。人が染まっていくのを少し離れた場所から眺めるのは楽しくて感慨深くてちょっとだけ切ない。振り向いたらリラックマが光のない眼でこっちを見ている。別れを予感する。関係は一方の気持ちが切れた時点でほぼお終いだ。貰い事故ばかりでごめんね。いつか終わると思っていても始めたくなってしまうのは何故なのか。もう他人に迷惑をかけたくない。切りたくないのに切れてしまうものも、切りたいのになかなか切ることができないものも全て抱き締めていたらこんなことになってしまった。前よりも自分のことは好きだ。それでもまだまだ大嫌いな部分が多過ぎて困ってしまう。負の感情が湧く度にそれを打ち消すように筋トレをしていたならば今頃私の腹筋はバキバキになっているはずなのになと思う。するかは置いておいて。口に出したことが本当になるらしいから、自分は運が良いしまわりに恵まれていると言い続けてきた。口に出したことが本当になるのならば、好意も勿体ぶらないで全て言葉にすれば良い。思い込むことで救われることもこの世にはたくさんあるらしいから。君とは神様への期待度が似ていて嬉しかった。

HUG

Amazonコルトーショパンエチュード集やパデレフスキ編ショパンバラード集をおすすめしてくるのは、きっと数年前にコルトーショパンバラード集を購入したからで、何故それを買ったかというと、数年前のクリスマスに当時付き合っていた人にプレゼント何がいい?と聞いたらコルトー版のショパンバラード集とリクエストされたからだった、クリスマスプレゼントにコルトー版のショパンのバラード集ってチョイスがどうしてかとても好きだと感じた、ここまで思考を一気に巡らせてしまったことに気づき、慌ててストップする。懐古しても時間は戻らない。戻りたくもない。私には今の生活があり、今の自分に満足している。未練もない。エモもない。ていうか数年ぶりにおすすめしてくるAmazonなんなん。私はショパンが弾けない。疑心暗鬼になりながらなんとか鍵盤をたどることができる曲はいくつかある。でもそれは弾けるとは言えない。技術がない。だから私にそれらの楽譜をおすすめされてもどうしようもない。

 

家に帰ってご飯を食べて気付いたら床や布団で寝てしまっている日々を繰り返して、なんだか少し停滞しているような気もする。忙しくして疲れていたら、寂しさを感じることもないし眠る前にあれこれ思い悩むこともないけれど、感情も思考も簡素化されて言いたいことの半分も言えない、うまい言葉がひとつも出てこない、ラインの通知が溜まりまくっている。このまま仕事を生活の真ん中に置いていて良いのだろうか。ワークライフバランスの意味を理解していない。

 

苦手な人がつくった歌を好きな人が歌う世界線に生きている。声で、歌で、人を狂わせることができるのがすごい。でも、その歌をつくった人は苦手だ。元カレに顔が似ているからというふざけた理由で苦手だ。大学生の時それを友達に打ち明けたら笑われた。確かに笑ってしまう理由だ。ふざけすぎている。でも、人と作品は別物で、私は作り手が嫌いでも作品が良ければその作品が素敵だと言うタチだ。これには賛否両論あると思う。「指先天使、心は悪魔」って言葉、小さい頃からずっと心の片隅にある。人の心に響く演奏をするのにとても性格が腹黒い人。性格最悪だったとしても私はその人が持つ輝きや才能、努力の証に惚れ込んでしまうどうしようもない人間。ただの良い人が作るものなんてつまらないってどこかで誰かが言っていた。ただの良い人にすらなれなかった私は、自分が贈ったコルトー版のショパンバラード集のページがへろへろになるくらい弾き込まれていることを望んでいる。私には出せない音を出せるその人をどうしても憎めない。

 

昨日も全く関係のないところで右折してしまって帰宅に時間がかかってしまった。職場から自分の家までのたった十分の間ですら道を間違うのだから、28年生きていたらそりゃあ何度でも間違えるだろう。今心にある喪失感は何なのだろう。寂しいと思えない自分が寂しい、みたいな感覚。正解とか不正解とかひとつひとつ考えるからしんどくなってしまうのか。過去に書いたnoteの記事を30程消した。寝たら明日が来てしまう。

だいすきだったよ

同級生がインスタのストーリーズにあげていた飼い犬の動画をひたすら見ていた。全力で転がっていくいのち。愛を受けるのが当たり前だと認識しているわけではないけれど、全てを預けて愛を受けられるほどには愛されているいのち。愛おしい。

 

だいすきだったよ。

 

そう声に出して言いたくなった。伝える相手が誰なのか、どこにいるのかも分からないけれど、愛を伝えたくなる夜がたまにある。自分の中に少しだけ残っている誰かを大切にしたくてたまらなくなる気持ち。決して長続きしない、触ったら壊してしまうんじゃないかって不安になるくらいに強くて熱い甘くて重過ぎる気持ち。

 

好き、は、少しズレると気持ち悪いになる。

好き、は、タイミングが合わないと大嫌いになる。

好き、は、私を通すと歪んだ自己愛になる。

 

だいすきだったよ。声に出して言いたくなる言葉さえ過去形なんだなあ、と無駄に感心する。一分一秒、私たちは歩きながら今を過去にしていくんだね。そして私はきっと、向き合っている時よりも通り過ぎる瞬間をいちばんいとおしく思ってしまうタチなんだよ。そこに煌めきを感じてしまうタチなんだよ。もうその本能には抗えなくて、そのキラキラを集めて燃料にしているような日々。キラキラを集めて早し最上川。これは言いたくなっただけ。知らん人の日記なんて読まずに早く寝なね。

よしなしごと

「食む」という言葉が好きだ。はむ。神社の砂利を踏みしめながら、なぜ人は新年に詣でるのだろうかと不思議に思った。150円の賽銭でありえないくらい欲張りに願った私を許して欲しい。考えてみると一人での初詣は人生で初めてだ。あまりに自然で、あまりに尊い、ひとりの時間。砂利を踏みしめる。誰の何を願おうと勝手だ。こころに苦く引っかかる思い出を増やすくらいならば、預けて忘れてしまった方がマシなのかな。よく分からない。

 

自分は絶対に誰のものにもなりたくないのに、好きな人は絶対に自分のものにしたいから、生きていてずっとちぐはぐだ。「ちぐはぐ」という言葉は響きから本当にちぐはぐで良い。君のそういうところが相手を駄目にするんだよと何度叱られたのか。面倒くさがりだから何でも許してしまう。人を甘やかすことでしか見返りの優しさを享受できない錯覚を手放すことができないでいるからこんなことになってしまっているのだろうと思う。起き抜けに何も言わず煙を吐く丸まった背中を独り占めした布団の中から見ていた。哀愁。煙を眺めていたら、一年前に夜中の港でよく眺めていた工場の煙のことを思い出した。「エモ」はもう完全に理解できなくなった。フィーリングでエモをつくって書いていた頃は、まだ私にも恋をする感性が僅かに残っていた。今は月の位置と色を観察するのが日常のたのしみ。呼吸が浅くなった時にはビル谷の底から空を見上げる。いきものがかりの「真昼の月」。いきものがかりの曲の中ではあまりメジャーではないかもしれないけれど、私は山下さんの書く詞がとても好きだった。

 

これまで頑なにやってこなかったマスカラとペディキュアを塗るのが日常になった2022年を思う。付き合う人が変われば思想が変わるし、日常生活も僅かに変わっていく。住む場所を変えて、気持ちを変えて、一緒にいる人を変えて、生活を変えて、2023年、私の芯はいまどこにある?

 

 

年末の戯言

もう嫌、何もしたくない、何も考えたくない、の波が数日前に一気に来て、ずるずると引きずっている。心が晴れない。全てをシャットアウトしたくてイヤホンを雑に両耳にねじり刺して、ありえないほど音量を上げてみる。全部捨ててどこかに消えてしまいたいけれど、今の私はそんなに身軽ではない。きっと大声を出しても暴れ回っても振り落とすことができない感情の奥底の部分が腐りかけている。ままならないことばかりで苦しい。半分眠って半分起きているような睡眠を12時間とって、憂鬱な夢をみた。夢の中ではちゃんと人を愛しいと思えている自分を遠くから見ている。いつも夢の中だけ。現実は苦い。本心にいちばん近いのはツイッターで、そこにすら本音の本音は書けない。自分自身が引くほど腹黒い。涙を堪えていたら鼻の奥から変な音が出る。安心したいよ。甘やかされたいし褒められたいし大丈夫だよって言われたいし都合よく守られたいけれど、その相手が人間だったらきっと重過ぎて私は死んでしまう。一生なんて軽々しく言うなって当たり前のようにさらっと言う人に絶大な信頼を寄せているし、ずっと一緒だよって言葉は作品だと思っている。自分が手に負えない。変わり続けることの何が悪いの。自分が変わると付き合うまわりの人も変わるんじゃないの。好きな人はいつか消えるものだ。人に絶望するよりも一人で楽したい。こんなことを思ってしまうところが生きることに対してずぼらで良くない。本当は許していないのに許していないまま忘れてしまったことばかりだ。前の車が全て左折していく中で自分だけ直進するのってとても勇気が要る。道から外れる、みたいな行為がとても怖い。真面目で頑なで面白くない自分が大嫌い。うまく怒れないのも、ヘラヘラ流してしまうのも、言いたいことを口に出してしまうと涙も一緒に出てしまうから押し黙ってしまうダサい選択をするところも、全部嫌い。嫌いだけど、付き合っていくしかない。大丈夫、好きなところもたくさんあるから、多分。今までも「もうちょっと頑張ろう」を積み重ねて生きてきたじゃん。これからもそんな感じでいいんだよ。

 

"逃げてもここは僕の海なんだ"

 

ことばって何のためにあるんだろうね。愛情とか目に見えないものの大きさを表して安心するためにあるなんて馬鹿げたこと言わないでね。一瞬の気の迷いで心を満たすためだけに人に寄りかかるのはやめる。やめたい。間違えたなって後悔している、表面だけ綺麗な言葉を、思ってもいないことをペラペラと連ねた夜のこと。最終的に自分に全部返ってくる。軽率な人間関係は後々もっと空っぽになるって知っているよね。衝動を抑えられないくらい悲しくなる前に、何か手を打つようにしよう。来年はもっと自分を好きになる。できれば、人を好きになる。守りたいだとか支えたいだとかそういう気持ちは人一倍強いのに、恋愛感情だけは習得できないのはどうしてでしょうか。ここまで書いたらもうだいぶスッキリしたのでメソメソくよくよせずに切り替えましょう。泣いたり怒ったりしたらお腹が空くんだな。12月30日がやってきた。

 

 

 

 

 

2022 メモ

・本当に忘れてしまうって、忘れてしまったことにすら気付かないってことだ

・呼び捨てをされて心が冷えて、やっと私はこの人に束ねられたくないのだと知る

・部屋に洗濯物を干したら、家に帰った時部屋中が柔軟剤の香りで幸せになるライフハック

・大っ嫌いだった、その強い気持ちが自分を生かしていると思えるくらいに大嫌いだった。羨ましかった

・大切にしたいと思う、きっと現実世界では絶対に仲良くしていないと思うから

・サービス業をしているのは私なりの人間でいるための訓練 愛想よくニコニコできるし相手の欲しい言葉も分かるけど世間話が死ぬほど苦手

・猫、ふわふわでまるくてやわらかくて、そのくせとても厳しい生き物

・思い出が甘いのと傷口が痒いのは似ている

・私に買われたボディクリームとスキンケアセットほとんど使われなくて可哀想

・壊れちゃったものが更に壊れていくのを見守ることしかできなくて、無力と無気力という経験を積む

・いつも一緒にいたかった って感情を教えて

・夜中にドンキの駐車場でぴえんしてるのは私です

・ひげだんは物凄い歌詞をかく ひげだんは物凄い歌をつくる

・長期的な努力ができないけれど筋肉が裏切らないのは分かるから筋肉は本当にすごい

・私のために怒って泣いて争って頑張ってる人のことがどんどん無理になる そんな人おらんけど

・ほっといて抱きしめてあとは自分でなんとかする

・優しさとか正しさにどうしても触れられない夜があるしそんな夜ばかり

・タワマンって空想上の生き物だと思ってた

・前はわかっていた音がどんどんわからなくなる できたことができなくなる怖さ 今は出したい音を探る行為すら勇気がいる

・私は全体的に偶像崇拝しないタイプかもしれない だれがイスラーム世界や

・人が書く文字が好きだとずっと言いすぎて気持ち悪い人かもしれない

・猫になりたいなんて甘えたこと言ってごめん 猫社会だって厳しいよね

・普段はしょうごさんって呼んでるのに、位置を教える時にしょごひょんって可愛く伝えられるのじんくんの才能だなと思う

・人の良いところ見つけるのは得意だけどそれを口にするのが苦手だから全部パー

・常に最悪のケースばかり想像してしまうけど楽観的な性格

・空が青い時、空が青いなと感じるだけの私 どうして空は青いのかと疑問を持ち調べる人 写真を撮ってSNSにあげる人

・仕事で人を迎えたり引き止めたりしているとき、声と表情が間違っていないか不安になる 実際の私は来る者は拒むし去る者は追わないから

・ずっと正解が見つからない 私は文を書いて音を紡いで一生あそんでいたかった

宇多田ヒカルは芸術

・適材適所だよ なんだっていいの 輝ける場所を見つけた人が勝ち

・唯一後輩になれる場所だったの 副流煙をあびながら喫煙所で話がしたいよ

・身体に悪そうなのに欲しくなっちゃう砂糖菓子みたいな魅力が欲しい

aikoの小柄さならではの目線でかかれる歌詞がとても好きなの あなたの耳に寄せたおでこ

 

 

近況 11/23〜30

1130

寒い。冬が急に本気出してきた。部屋の中にいるのに唇が真っ青で、ワイシャツにアイロンをかけながら暖をとった。湯船に浸かるのがいちばんだろうなと思いながら手っ取り早くシャワーを浴びて、こういうちょっとした手間をかけられない自分の性格を恥じる。自分をもっと労わって大事にしてあげて。自分しかできない自分への思いやりって多分ある。

寒い。足の指がつる。寒さと足がつるのってどういう関係なのだろう。関係あるのだろうか。分からん。明日から12月。明日からはタイツ解禁しよう。

 

1123

二時起き三時半出勤。いつもはまだ眠りについていない時間の起床。布団の中で目を閉じてみたけど結局一睡もしなかった。それでも目を閉じて横になるのは大事だ。

午前四時と深夜四時、自分がどちらを生きているかで空の見え方も風の感じ方も違うなと改めて知る。気分が清々しく前向きになるのは午前四時、ラジオ体操の時に歌っていた「あたらしい朝」という意味がよくわかる気がする。でも私は深夜四時も大好き。ひっそりしなくていいのにひっそりと息をする人々と生きる夜が好き。この世には眠らない街しかないのだ。

 

1125

年末調整を手伝ったら、お礼にと高価なポン酢を頂いて逆に恐縮してしまった。でもせっかく頂いたので「これでエノキ食べよーっと」と言ったらいつも唯一私にツッコミをしてくれる同僚が「エノキに限定しなくて良いじゃないですか」と乾いたツッコミをくれた。この人は私に何でもつっこまなければならないので大変だなと他人事のように思いつつ、つっこまれるのが嬉しくもある。

 

1124

みかんをもらった。六年前、入社したての時にお世話になった方から、手紙も添えられて。覚えてくれていたんだととても嬉しくなった。お茶ちゃんお茶ちゃんって可愛がってくれていた人のことを忘れてはいけない。恩返しをしながら歩く人生にしたい。人からもらう果物は格別に美味しい。ツッコミ担当の同僚からキウイももらった。キウイは好きな果物ベストスリーにランクインする。場合によっては一位になりうる。だいすき。

 

1129

指のさかむけとヒビ割れとささくれが酷い。あらゆるところから血が出てくる。塗る瞬間は死ぬほど痛いけど、その後の効果が抜群だよ、と手荒れに効く薬を教えてもらった。今度薬局に行ったら迷わず購入しようと思う。良い香りのするハンドクリームでは私の手荒れは追いつかない。でも良い香りのハンドクリームも気分転換のために持ち歩いている。最近買ったジャスミンの香りのハンドクリームが気に入っている。

 

1128

残務処理のため休日出勤。のはずが、パソコンに向かっているとネズミが死んでいると呼ばれ、ネズミの死骸を見る。でかかった。モフモフだった。それだけ。呼ばれてネズミを見ただけ。残務処理に来たのに。萎えた。萎えたので仕事が終わって街をブラブラして美味しそうな出来立ておにぎりがあったので買って食べた。事務所に持って行ってお裾分け。そのあとは家でダラダラしていたけど仕事の電話とラインが数件あった。ラインに仕事の用件と「おにぎり🍙ありがとう〜」とあってなんかほっこりした。たかがおにぎり、されどおにぎり。

夜、映画を観に行った。レイトショー。すずめの戸締まりを観た。一度観ただけで話の詳細をとらえられないタチなので細かいことは何も言えないけれど、観てよかったし、もう一度観たい。1000000年分泣いた。泣くのいつ振りだろうって思った。幾分心が浄化された気がする。

日付が変わってシャワーを浴びながら、ふと仕事のことを考える。ふと締切が明日だと思い出す。やばい。頭の中がやばいで埋め尽くされる。ノーメイクスウェットサンダルで職場へ猛ダッシュ。私は期日の把握がとても苦手。こういう抜けがすごく多い。いつか何かをやらかす前にスケジュール管理をちゃんとしなければと思う。

 

1130

気づいたら11月が終わる。何をしていたか思い出せないくらい駆け抜けた。仕事メインでまわっている生活のようで、割と推しに浸る時間も確保できていたように思う。車の中で音楽を聴く、家事をしながらラジオを聴く、が多いけれど、YouTubeも更新されれば見るし、とにかく供給がとても多いグループなのでありがたい。疲れた心のオアシスだ。推し始めて数ヶ月だけど、パフォーマンスもビジュアルも何もかも進化しかしてない。常に結果を出し続ける、常に成長し続ける、こんなことってある?社会人としてとても難しいと感じること、きっとアーティストだって同じだ。だからこそ尊敬する。

ある日突然私にCDを手渡してくれた職場の人に、人生を豊かにしてくれてありがとうございますと感謝している。こんなにハマると思わなかった。日々が楽しい。

でも、知ってる。私がこんなに何かにハマる時は、何かしらヤバいとき。過去を振り返っても大体そう。前回仕事の忙しさのピーク(ゴートゥー)で死にそうになっていたときはハロプロ(Juice=Juice)に傾倒していたし、サークル引退で空っぽで灰になり彼氏と別れ就活でめちゃくちゃだった時期はジャニーズ(キスマイ)ばかりみていたし、卒論と社会人になる不安で押しつぶされそうな期間は乃木坂をひたすら追いかけていた。

心を一旦推しに預けて、大丈夫になったら自分のもとへ戻せば良い。銀行みたいなもの。たぶん。いつか戻ってくればそれで良い。

 

 

12月も駆け抜けたい。12月の目標は、

体幹を鍛える。プランクを毎日する。

・目と耳を労る。

・こたつを出す。

の三本立てにしようと思う。